国際線をアップグレードしてみよう

JALマイルの交換商品のひとつに国際線の座席のアップグレードがあります。

JAL国際線の座席の種類は3種あり、下位からエコノミークラス( Y)、エグゼクティブクラス(C)、ファーストクラス(F)にわかれています。

座席のアップグレードは、手持ちの航空券の座席のグレードをひとつ上にアップすることができます。

つまり、エコノミークラスはエグゼクティブクラスに、エグゼクティブクラスはファーストクラスにステップアップできるわけです。

座席のアップグレードは国際線のみ有効で、国内線にはアップグレードシステムはありません。

アップグレードするにはいろいろ規定がありますので、自分の持っている航空券がアップグレード対象かどうか、事前にチェックしておきましょう。

アップグレード特典の対象路線

日本航空(JAL)とJALウェイズが対象路線となります。

ただし、上位クラスが設定されていない便でのアップグレード特典は利用できません

アップグレード特典の対象航空券

アップグレード特典の対象となる航空券は、券面上のクラス欄に『J/C/D/Y/B/H/K/L/W』が印字されているものになります。

各クラスの普通運賃の他、JALビジネスセイバー運賃やJAL悟空7セレクトなどがこれに当てはまります。

一方、対象と成らない航空券は、JAL悟空運賃(JAL悟空7セレクトは除く)、個人・団体包括旅行運賃、特殊割引運賃、優待割引航空券、特典航空券などです。

つまり、安価な割引航空券に対してはアップグレード特典が利用できないということです。

引き替えに必要なマイル数

座席のアップグレードに必要なマイル数の一例を紹介します(すべて日本を発着地とした場合です)。

なお、片道のみのアップグレード特典を利用する場合は、下記必要マイル数の2分の1となります。

また、小児旅客や幼児旅客でも、引き替えに必要なマイル数は大人と同じなので注意しましょう。

目的地 クラス別必要マイル数
Y→C C→F
ソウルプサン 20,000 なし
アジア1
(香港、台湾、上海など)
20,000 40,000
グアム 20,000 なし
ヨーロッパ 55,000 85,000
北米
(サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨークなど)
50,000 80,000

アップグレード特典の注意点

マイルによるアップグレード特典の利用には一定の制限がもうけられています。

原則として、正月などの混み合う期間内でのアップグレード特典の利用はできないようになっています。

利用制限期間外であっても、特典利用座席数には制限がありますので、状況によっては利用できない場合もあるので注意しましょう。

Copyright © 2010 JALカード比較ランキング All Rights Reserved.