マイルの価値はどのくらい?

『JALマイル』はJALマイレージバンク(JMB)にのみ適用される通貨であって、もちろん現金ではありません。

しかし、貯めれば本来なら現金で購入するはずの航空券を無料で獲得できたり、座席のアップグレードなどに利用することができます。

つまり、JALマイルはJMBの中では現金と同様の扱いになるというわけです。

ただ、ここで気になるのが実際のマイルの価値です。

一生懸命マイルを貯めたとしても、現金に換算してみたらそれほどの価値がなかったとなったらがっくり来ますよね。

『マイルを貯めるとお得』という納得のもとであれば、安心してマイルを貯めることができます。

そのためには、マイルの価値をしっかり把握しておくことが必要です。

Suicaでわかるマイルの価値

では、マイルの価値は実際どのくらいなのでしょうか?

マイルはあくまでフライトやショッピングの際にもらえるオマケポイントなので、マイルだけを現金で購入することはできません。

そのため、現金による価値は計りにくくなっています。

そこで、JALの提携でもあるSuicaの特典からマイルの価値を換算してみます。

JALマイルとSuicaは相互交換が可能で、10,000マイルはSuica部分に10,000円分のチャージ(入金)を行うことができます。

Suicaは定期として利用できるほか、Suica取り扱い店舗で電子マネーとして利用できるので、ほぼ現金と同じ扱いになります。

つまり、最低でも10,000マイル=10,000円の価値はあるということになります。

無料航空券でわかるマイルの価値

10,000マイルが10,000円相当の価値があるということになると、さらにマイルで交換できる無料航空券がどれだけお得かということもわかります。

たとえば、オフシーズンにエコノミークラスで東京から大阪までフライトする場合、通常料金は22,600円となります。

一方、同じ条件の無料航空券をマイルで手に入れるためには、12,000マイルが必要です。

上記のマイルの価値を考慮すると、約2倍ほどお得になっていることがわかりますね。

さらに、マイルはもともとオマケポイントであることを考慮すると、その価値は何倍にもふくらむことになります。

以上のことから、マイルを貯めると、損をするどころか、その価値が何倍にもふくらんで返ってくることが立証されたと言えるでしょう。

Copyright © 2010 JALカード比較ランキング All Rights Reserved.