JALカードのすすめ

JALでマイルを貯めるには、JALカードの利用がおすすめです。

JALカードとはJALのマイレージサービス『JALマイレージバンク(JMB)』 の機能とクレジットカードが一体化した便利なカードです。

JALカードを利用すると、フライトの区間マイルだけではなく、クレジットカードとして利用した分の代金に応じたマイルも付与されるので、効率よくマイルを貯められるようになります。

年に数回しか飛行機を利用しない人の場合、フライトだけでマイルを貯めるのは困難なので、JALカードの利用をおすすめします。

JALカードの種類

JALカードと一言にいってもその種類はひとつだけではありません。

提携カード会社の違いはもちろんですが、さらにその中にもいくつかのグレードがもうけられています。

一般的なグレードとしては『普通カード』『CLUB-Aカード』『CLUB-Aゴールドカード』が主流です。

そのほかに、ダイナースクラブ特有の『ダイナースカード』や、学生専用の『naviカード』などがあります。

また、JCBやVISAなど、提携カードブランドによってもいくつかに分類されます。

JALカードでは、JCB、VISA、MasterCardの他に、ダイナースも提携ブランドとなっています。

どれも大手クレジットカード会社として有名なので、利用の際、大きく差が出ることはあまりありません。

マイルを貯めたいなら『CLUB-Aゴールドカード』

グレードによる年会費や申込み制限、受けられるサービスなどの違いは大きいので、どのカードを選ぶか迷うところですが、最もおすすめのカードは『CLUB-Aゴールドカード』です。

CLUB-Aゴールドカードには、それぞれの提携ブランド(JCBやVISAなど)のゴールドカードサービスを受けられることや、カード付帯保険が充実しているなどさまざまな特徴がありますが、中でも大きなポイントはマイルが貯めやすいところです。

普通カードと比較してみると、ショッピングの際、200円の利用ごとに1マイル付与のところ、ゴールドカードだと、なんと100円で1マイルを付与してもらえます。

つまり、ショッピング時のマイル積算率が2倍になるのです。

フライトではなく、ショッピングメインでマイルを貯めている人には、断然マイルを貯めやすくなると言えるでしょう。

また、普通カードとゴールドカードでは、入会時などにもらえるボーナスマイルや、搭乗時の区間マイルが大きく異なります。

具体的には、普通カードの場合、入会搭乗ボーナスと毎年初回登場ボーナスはそれぞれ1,000マイル。搭乗ごとのボーナスマイルは区間マイルの10%プラスとなっています。

一方、ゴールドカードは入会搭乗ボーナスは5,000マイル、毎年初回搭乗ボーナスは2,000マイル、搭乗後とのボーナスマイルは区間マイルの25%プラスと大きく上回っています。

マイルを短期間でしっかり貯めていきたい人は、CLUB-Aゴールドカードの利用がおすすめでしょう。

Copyright © 2010 JALカード比較ランキング All Rights Reserved.