JALとANAのマイルは相互利用不可

国内外の主要航空会社では、各自『マイレージサービス』 を展開しています。

マイレージサービスとは、マイルと呼ばれるポイントを貯めたり使ったりするポイントプログラムのことです。

たとえばフライトでマイルを貯めると、マイル数に応じて無料航空券や座席のアップグレードなどを手に入れることができます。

利用者側からすればお得なサービスではありますが、貯めたマイルは全世界どこの航空会社でも使えるというわけではありません。

『マイレージサービス』や『マイル』という名前こそ共通していますが、実際には各航空会社ごとに独自のマイレージサービスを展開しているので、マイルは共通使用することはできません

つまり、日本で言えば、JALはJAL、ANAはANAと使い分ける必要があるということになります。

マイルは集中貯蓄が基本

じゃあJALとANA、両方で貯めればいいのでは?と思うかもしれませんが、マイルの二股がけは効率がよい方法とは言えません

なぜなら、マイルはそう簡単に貯められるものではない上、JALとANAの双方ともマイルの有効期限がもうけられているからです。

二兎を追う者は一兎をも得ず。マイルはどちらかを集中して貯めた方がよいでしょう。

では、日系航空会社のうち、JALとANAではどちらのマイルを貯めた方がよいのでしょうか?

海外旅行に行く人はJAL、国内旅行に行く人はANAがおすすめ

マイレージサービスの最終的な目標は、貯めたマイルで無料航空券などをゲットすることです。

もちろん、無料航空券はそれぞれの航空会社でしか利用できません。

そのため、無料航空券を手に入れた時、どちらの航空会社が自分にとって使い勝手が良いかという点が重要なポイントとなります。

JALとANAを比較してみると、JALは比較的国際線が充実しており、対するANAは国内線が多いという特徴があります。

よって、マイルを貯めて海外旅行に行きたい!という人には、JALのマイルを集中的に貯めることをおすすめします。

Copyright © 2010 JALカード比較ランキング All Rights Reserved.